四角く見えてしまうえらやごつい頬骨

一般的な女性は丸い顔やたまご型が多いですが、中にはえらが張っている四角い顔の人もいます。
顔が四角い人は男っぽく見えてしまい、女性らしさがなかなか出せない印象を持っています。
えらの骨削りができるのは美容外科で、張っているえらの骨を削ったり筋肉をとりのぞくことができます。
口内から切って骨や筋肉を削る施術方法で、施術後すぐにえらがない実感を感じます。
またえらの張っている人にはボトックス注射もあり、筋肉が発達している人に向いたコースになります。
ボトックス注射なら切開をすることがなく、注射だけでえらの張りをなくしすっきりさせます。
そしてえら以外にもごつく見えるのが頬骨で、頬骨が出ているとごつく老けて見えます。
この頬骨削りをするときも口内や耳の横から切開し、傷跡がわからないようにできる施術になります。
頬骨を削るコースをすると印象が若返ることや、鼻を高く見せることもできるのでおすすめです。
また小顔効果もプラスされるコースです。

コスメティック分野の実績多数

オリジナル缶製造

ソファベッドの種類が豊富な通販サイト